日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイ

'''日刊ゲンダイ'''(にっかんゲンダイ)は、講談社系の新聞社出版社)である'''株式会社日刊現代'''が発行する、タブロイド夕刊紙
次のエントリ[ 概説 ]
日刊ゲンダイ
【画像】日刊ゲンダイ

概説

1975年10月27日創刊(東京版)。即売が中心で中部経済新聞社公式サイト「日刊ゲンダイとは?」キヨスクなどの駅売りでは『夕刊フジ』や『東京スポーツ』と競っている。公称発行部数(北海道版は除く)168万2千部(東京版117.7万部、大阪版34.2万部、中部版16.3万部)

東京大阪名古屋の三大都市で発行(中部版は中部経済新聞社が発行)されている他、札幌でも発行されている。札幌では、当初は『日刊サッポロ』(『北海タイムス』(現在は廃刊)系列だった)として発行されていたが、2006年6月より『日刊ゲンダイ』として発刊されるようになった。

『日刊ゲンダイ』は、創刊時、発行元の株式会社日刊現代が週刊誌を発刊している講談社系の会社であることを理由に、日本新聞協会への加盟を拒否されたため、雑誌扱い(日刊誌)となっている。
次のエントリ[ 歴史 ]
日刊ゲンダイ
【画像】まじめな話し、日刊ゲンダイは

歴史

イギリスの大衆紙『ザ・サン』を参考に、センセーショナリズム、タブロイド判を特色として創刊された。紙面の構成は先行紙『夕刊フジ』に追随した。講談社の新聞界への進出は第二次世界大戦前に講談社創業者の野間清治報知新聞の経営に失敗して以来、野間省一の悲願であったが、野間省一が倒れ、社内の反対論も強く『日刊ゲンダイ』の存在は講談社からすると鬼っ子的な扱いだった。

週刊現代』編集長だった川鍋孝文は重役との軋轢で閑職の開発室に廻されて『日刊ゲンダイ』を開発。株式会社日刊現代社長となる野間惟道講談社専務も事実上の経営トップだった服部敏幸副社長との不仲から、社内の派閥抗争の影響を受ける格好で『日刊ゲンダイ』の創刊にあたった。

1975年10月の創刊時には25万部を発行。しかし、1975年11月と12月には実売で10万部を割り、1976年1月には1万部から2万部にまで落ち込む。この廃刊の危機を救ったのが、同年2月のロッキード事件だった。週刊誌的な紙面作りでロッキード事件の情報を毎日送り出す『日刊ゲンダイ』は一般紙や週刊誌との差別化に成功。この人気により、以後も、田中角栄元首相の動向を追う反権力的な政治記事などが定着して、1977年からは30万部を発行。1983年には公称110万部を謳うようになった。この間の1980年に惟道は『日刊ゲンダイ』成功の功績により講談社本社の社長に就任。

1981年11月16日、大阪版創刊。巻頭記事は「創価学会池田大作名誉会長の醜聞が「月刊ペン事件」の裁判ですでにこれだけ暴露された」だった。この頃は経営的にも『日刊ゲンダイ』が講談社グループの大きな柱となっていた。

1981年12月1日北海道日刊スポーツ新聞社の出資による'''日刊サッポロ株式会社'''から『日刊サッポロ』として札幌版が創刊された。

1992年、中部版創刊。中部版は一部編集と発行が中部経済新聞社によって行われている。

2006年6月1日付から、『日刊サッポロ』は題字を東京や大阪などと同じく『日刊ゲンダイ』に改めた。
次のエントリ[ 論調 ]
日刊ゲンダイ
【画像】日刊ゲンダイ
日刊ゲンダイ
【画像】「日刊ゲンダイ」¥120ですよ。

論調

(信頼に足る出典元、及び複数の出典を求めます)
男性読者を対象に既存の新聞とは一味違う観点から雑誌感覚でニュースを分析する「デイリー・マガジン」の形態を採り入れ、シニカル報道姿勢から「シニカルな新聞」の代名詞となっている月刊GON1997年2月号ケンカ王ゲンダイ分析。特に、自民党読売ジャイアンツ(以後:巨人)、日本サッカー協会及びサッカー日本代表、スポーツイベントに登場するタレントに対する激しい嘲笑と諷刺は名物となっている。その一方で、過去に嘲笑・諷刺していた人物・団体を一転して賞賛したり、或いはその逆で賛美していた人物・団体を非難したり、論調姿勢が統一されていない部分が多く、極端なところでは論調が180度逆転する事も多々ある

例として、小泉内閣発足当初の所謂「小泉構造改革」を賞賛する記事を書いていたが、2005年の衆議院選挙(いわゆる郵政解散)のころには構造改革を批判するようになった(もっとも、『週刊文春』や『週刊新潮』、『週刊現代』などの雑誌系マスコミは、全体的に新聞(特に全国紙)やテレビに比べると構造改革には慎重な態度をとる傾向があった)。そして、現在では通り魔事件など「'''社会を揺るがす出来事の原因は小泉構造改革にある'''」と批判する立場に逆転している。

大阪版の最終面で嘲笑・諷刺される対象は、巨人ではなく阪神タイガースであったが、好調だった当時は嘲笑や諷刺が抑えられ阪神ファン寄りの記事が増えていた(今では阪神の不調により再び嘲笑・諷刺されている)。関西では『夕刊フジ』(近畿2府4県で48万6,471部)が『ゲンダイ』(大阪版(滋賀県~山口県)342,000部を上回っている。その理由として『夕刊フジ』が夕方にB版、C版を刷る事による速報性や阪神関連の批判記事を載せないことなどが挙げられる。これは東京から送られてきた原稿をそのまま掲載していたからで、現在最終面は大阪で原稿作成から編集までこなしている。なお、阪神タイガースからゲンダイに対しては記者証が発行されていないため、球場内での取材は許可されておらず、すべて「周辺取材」である。

得手分野としては競馬(中央競馬)を持ち、週末版にはスポーツ新聞と同様に競馬に関する特集を組む。JRAに対する批判は殆ど掲載されない。なお、競馬欄の名物小説『止まり木ブルース』(塩崎利雄)は1986年から続く長期連載となっている。

記事はほとんどが担当記者名の書かれていない無署名記事で、出典根拠となるコメントも、「関係者」「周辺事情に詳しい人物」等のオフレコを含めた匿名による物が多い。元ニュース編集部長の二木啓孝は自身の回想として、「正直に言えば、過去には週刊誌と夕刊紙でずいぶんと飛ばし記事を書いてきた」と告白している。

1面には大きく見出しを載せて記事は導入部のみ。見出しも時には2桁や3桁にもなるという創刊当時の『ゲンダイ』の表紙は新聞としては常識破りと評された。『ゲンダイ』にとって1面は記事を載せるのでなく、週刊誌と同じく表紙という位置付けとなっていた。

なお、自らの不祥事に対しては他のマスコミ以上に堅く口を閉ざす傾向がある。自社の経理部長による会社の金の使い込みが発覚し、この経理部長が懲戒解雇されたことが他紙で報じられたが、ゲンダイは社告・記事とも一切行わなかった。
次のエントリ[ 政党・政治家 ]

政党・政治家

論調としては、長年政権を担っていた自民党への非難が圧倒的だったが、非自民・非共産連立政権である細川内閣において、細川護熙近衛文麿小沢一郎東條英機に擬えて両者の写真を並べて、「この道はいつか来た道」と1993年8月9日の組閣以降、羽田内閣の総辞職まで連日一面に批判記事を掲載した。しかし、小沢一郎に対してはのちに最大限評価し、個人礼賛を繰り返すようになるなど180度論調を変えている。

1994年自社さ連立政権による村山内閣成立当初は村山を讃える記事が有ったが、程なくして村山が連立政権を組む自民党に配慮する立場にスタンスを変え、自衛隊合憲説を唱え始める頃から徐々に批判的な論説を展開するようになった。連立解消後、社会党(現社民党も含め)を支持する記事はほとんど載らなくなる。

2009年の自民党が下野した政権交代後は、「歴史が変わった」「自民大物ゾンビ復活の赤っ恥」「ざまみろ悪党自民の消滅」「これは明治維新のような無血革命だ」「公明党もバチが当たって党崩壊」と記載した。

一方の 民主党政権に対しては、本誌が小沢一郎個人に対し無批判での礼賛を繰り返しており、他の政党に関する記事よりは極端に民主党を称賛する論調が並ぶ。「民主新政権はこの国をすべてチェンジ」、「政権交代でもこの国は変わらないのか」、「悪政で壊れたこの国の再建は茨の道」、「流れる鳩山内閣行き詰まり情報 政権担当は無理だったのか」「しぼみ始めた民主政権への期待」「鳩山内閣の期待と落胆 政権の意思決定が見えないという声も」などの記事を掲載、一方で「小沢一郎総理でなければ駄目か」などの記事も記載している。あくまで民主党に好意的なのではなく小沢個人に好意的であり、前原誠司など反小沢派と目される人物であれば民主党員であっても批判する傾向にある。

また、日本では1990年代後半から続く二大政党化の流れを容認する傾向があり、第三党以下は記事として取り上げられることそのものが少ない。その中で、連立政権の一部である国民新党、社民党に対しては亀井静香辻元清美の入閣に反対する記事を掲載した。特に社民党に対しては、「社民党は衆院7議席、参院5議席の吹けば飛ぶような政党だ。最近は影も薄く、消滅寸前に追い込まれていた。それで3党連立を振り回すことで存在感をアピールしようと考えているのなら勘違いも甚だしい。国民は民主党に政権を任せたのだ。政権の足を引っ張る社民党は目障りなだけである。福島党首も、習字はやらなくてもいいから、政権担当能力は磨いてもらいたい」との記事を掲載した。なお、みんなの党については、2010年9月現在ではほとんど記事になることはない。

また、2010年6月2日の鳩山由紀夫の首相退陣により新しく内閣総理大臣及び民主党代表に再度就任した菅直人に対しての批判は、2004年5月に菅が民主党代表(当時)を辞任して四国八十八箇所のお遍路巡りをした時に、自力で歩いていないことを日本のマスコミで唯一報道した。2009年の民主党への政権交代後、藤井裕久の後を次いで菅が後任の財務大臣に就任した際は一転して「菅新大臣を後押しする強力法案の威力」と賛美する記事を載せた事もあったが。前述したように本誌の論調が小沢一郎寄りのスタンスに軸足を移し、2010年9月14日に実施された民主党代表選を含む一連の、菅と小沢の争いの過程においては小沢を支持・賛美する見出しをつけた記事を連日1面に掲載し、対抗馬である菅直人に対しては「脱小沢」を掲げていることから批判記事を書き続けた。代表選で小沢が敗北すると、「最悪だ 菅再選721ポイント 小沢491ポイント」「"無力政治"選んだ民主党」「すぐに空中分解するボンクラ政権」「民主党の国会議員、党員、サポーターは大バカ野郎だ」などと報じた。

2010年7月11日実施の参院選では、公示後の選挙期間中であるにも関わらず「民主党へ投票が最良の選択」(6月29日付)や「迷わずに民主党へ投票しよう」(7月3日付)などの見出しをつけた記事を1面に掲載し、自民党から「民主党や同党公認候補者への投票を、端的に、直接的に、あからさまに求める表現で埋め尽くされている」と指摘され、公職選挙法に触れるのではないかと中央選挙管理委員会に質問状が出された。

また、自民党の小池百合子議員からは2010年1月29日付けで「『さすが政界渡り鳥』変節女」などの見出しで書かれた記事が事実無根で名誉を傷つけられたとして東京地裁に3000万円の損害賠償を求める訴えを起こされている。
次のエントリ[ メディア ]

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

別のワードで検索!
まずは検索→

トレンドマガジン [マグゥ]で日刊ゲンダイを検索
日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイ
といえば…

日刊ゲンダイの記事

デイドリーム・ビリーバー : 日刊ゲンダイでみつけた、 まっとうな記事【中日】 珍しく日刊ゲンダイが中日の選手を褒め称える件(笑) - 徒然なる ...日刊ゲンダイで、ドラマ「ゴーイングマイホーム」についてコメント - Gooブログ★「最高裁 今度は憲法違反の「検閲」疑惑 (日刊ゲンダイ)」★ 新党日本 » 12/10/25 間違いだらけで「決めてしまう政治」日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイのニュース

新党日本 » 日刊ゲンダイ にっぽん改国日刊ゲンダイ(株)日刊ゲンダイ - 中央区/新聞社:マピオン電話帳策に溺れたバカな首相 野田と小沢の政治能力差は歴然 (日刊ゲンダイ ...新党日本 » 12/02/23 メガバンクの何たる詭弁!日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイの掲示板

新党日本 » 日刊ゲンダイ にっぽん改国日刊ゲンダイ(株)日刊ゲンダイ - 中央区/新聞社:マピオン電話帳策に溺れたバカな首相 野田と小沢の政治能力差は歴然 (日刊ゲンダイ ...新党日本 » 12/02/23 メガバンクの何たる詭弁!日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイの情報

新党日本 » 日刊ゲンダイ にっぽん改国日刊ゲンダイ(株)日刊ゲンダイ - 中央区/新聞社:マピオン電話帳策に溺れたバカな首相 野田と小沢の政治能力差は歴然 (日刊ゲンダイ ...新党日本 » 12/02/23 メガバンクの何たる詭弁!日刊ゲンダイ
人気の話題TOP10

[2014/7/25 6:07更新]
1時間前:1位(408pt)
1時間前:2位(383pt)
田口壮
3位 田口壮
1時間前:3位(371pt)
1時間前:4位(365pt)
1時間前:5位(361pt)
6位 ACHOU
1時間前:6位(354pt)
1時間前:7位(344pt)
1時間前:8位(338pt)
1時間前:10位(230pt)
1時間前:11位(228pt)
続きはこちら
>>
▼おすすめキーワード▼
▼人気の話題ランキング▼