少女ヌード

少女ヌード写真集

'''少女ヌード写真集'''(しょうじょヌードしゃしんしゅう)は、少女(18歳未満)、特に第二次性徴期(思春期)の裸体を被写体にした写真作品。日本では1960年代から出版されていたが、1999年児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律施行によってごく一部を除き出版・流通とも停止した。
次のエントリ[ 1970年代まで ]
少女ヌード
【画像】演出作品、少女Mのヌード

1970年代まで

1970年代の末が日本の少女ヌード写真のブームの幕開けであって、それ以前に存在したものは少なく、かつ後年のようなポルノグラフィー的な捉え方をされていない。

少女ヌード写真集は日本においては1969年剣持加津夫撮影『ニンフェット 12歳の神話』(ノーベル書房)を嚆矢とする。写真は白黒主体で、モデルは12歳の梅原多絵梅原龍三郎の孫娘である。その後、同書は1970年に『12歳の神話』(ノーベル書房)、1977年1978年に新装版『エウロペ 12歳の神話』(ブロンズ社)と名前を変えて再版されている。文は高峰秀子。自然の中のおおらかなヌードでナチュリズム的感覚が前面に出た、エロス的要素の少ないものであった。もともと剣持は妊娠中絶問題、性教育、青少年麻薬問題の専門家であり、前年の1968年にノーベル書房から『成熟への導き : スエーデンの性教育』を出版している事から分るように、この写真集は当初、性的対象としての少女というよりも、あくまで性解放というコンテクストで出版されたのである。翌1970年にはノーベル書房から『星 陽子フォト・ロマネスク 初恋十六歳』小川勝久撮影、が出ている。

1971年には、梅原多絵に続き、11歳の大上亜津佐をモデルとして『光の中の少女』が大山謙一郎撮影で壱番館書房から出版された。やはり自然主義的なヌードであるが、毎日新聞に全面広告写真(1971年10月29日)が出た事で話題に。大上は長友健二の撮影で「平凡パンチ1971年11月1日号のグラビアにも登場。なお、毎日新聞の意見広告は大上のヌードとともに「彼女はまだ11才。どう育つでしょう、セックスセックスセックスの世の中で」のコメントをつけている。「過剰」と思われた大人社会の性の氾濫に対し、少女ヌードはそれに抵抗する非「性」の象徴であるかのように振舞われていた。大上の登場は社会的な反響を呼び、ほかの雑誌などにも取り上げられた。永井豪の漫画『ハレンチ学園』騒動と並び、「子供の性」をめぐる当時の世相的な出来事となった。

1973年沢渡朔撮影による『少女アリス』(河出書房新社)が出版。梅原や大上のようなナチュラルな無垢さを押し出したものとは異質な、エポックメーキングな作品であった。8歳のモデル、オーディションで帰り際にキスを投げかけて合格したというブロンドの少女サマンサを使って、ロンドン郊外で撮影されたこの写真集は、ルイス・キャロル不思議の国のアリス』をモチーフにした幻想的な雰囲気のなかで、フェティッシュな対象としての少女を耽美的に表現し、不朽の名作となる。詩を瀧口修造谷川俊太郎が書いている。1979年に沢渡は6年後のサマンサを撮った続編、『ALICE FROM THE SEA 海からきた少女』(河出書房新社)を出版している。これらの沢渡作品は、芸術的として男性のみならず女性の購買者に高く評価された。

 この間、雑誌のグラビアとしては、1975年に「普通の女の子」のソフトエロチズムで人気になった篠山紀信撮影による雑誌GORO(1974年創刊)のグラビアに、13歳の芦田かおるのヌードと11歳の小枝草久美のセミヌードが掲載される(1975年8月14日号)。これに対して朝日新聞が女児ヌードを掲載したことを問題視して非難するという一件がおきた。翌年、未成年ヌードモデルを派遣した(児童福祉法違反)という理由で芸能プロが摘発されている。これをきっかけに「激写」は18歳未満のモデルを使わなくなった。

1977年には、それまでに「ビーナス'74展」(ポーランド国際芸術写真協会1974年)や「世界写真展」(ドイツ・シュテルン社主宰1972年)で写真賞を受賞して国際的に活躍していた女流写真家清岡純子が、最初の少女ヌード写真集『聖少女 Nymph in the Bloom of Life』(フジアート出版、藤本義一・文)を出版した。1979年にはそれに続き『野菊のような少女 聖少女パート2」』(池田満寿夫・文)を出版。清岡は、ここから1980年代にかけて毎年のように写真集を出してゆき、野外撮影を得意とする自然主義的な作風で最も多作な少女ヌード写真家となる。

1970年代末は日本の少女ヌードが量産を迎える出発点となり、「ロリータブーム」の開始時期。40万部を売り上げた石川洋司撮影の『プティフェ: ヨーロッパの小さな妖精たち』(1979年)から、『愛の妖精ソフィ』(1980年)、さらに森茉莉が文章を書いた『妖精ソフィ』(1981年撮影石川洋司)は、「人形のようにかわいい」シュールレアルな魅力によって一分野を開拓した。

1979年には山木隆夫撮影『LITTLE PRETENDERS 小さなおすまし屋さんたち』(ミリオン出版)が出版され、多くの一般書店に並んだことも重要な事件であった。本書は実売数万部と言われ、この種の写真集の需要が立証されることになった。これ以降1980年代のブームにかけて写真集の購入者層は男性中心に広がりを見せ、しばしば芸術的な表現よりも性器の露出など性愛的な刺激の強いものを求める傾向も生じた。1982年には山木『LITTLE PRETENDERS Forever』が出版されている。

 「少女ヌード」のカテゴリーに入らないものの中でも、1970年代には児童の可愛らしさをヌードを含め表現した作品があり、代表的なものに西川治撮影の一連の写真物語がある。1976年の『アマンダの日曜日』(サンリオ出版、西川治・写真、名木田恵子・文)など。
次のエントリ[ 1980年代 ]
少女ヌード
【画像】少女ヌードは芸術か?

1980年代

1980年代は、少女ヌード作品が市場の大きな需要となっていることが明確に意識され、それに応えようと爆発的ともいえる供給がなされた時期となった。翻って1970年代から欧州においては、イリナ・イオネスコデイヴィッド・ハミルトンなど限られた写真家の少女ヌード作品が存在したものの、数は限られており公に流通するのはその芸術性が社会的に認められたものだけだった。それとは対照的に1980年代の日本では大量の少女ヌード作品が生産され、1年間の出版数だけで、欧米の10年、20年を優に超えるほど類を見ない量的拡大を特徴とした。それが可能だったのは、猥褻図画をめぐる法律が実体主義(陰毛露出を基準とする)に終始して陰毛のない少女ヌードに適用されなかった事、欧州でイオネスコが直面したような児童ヌード表現と人権をめぐる深刻な議論や裁判を回避できた事、日本は欧米的なキリスト教的禁忌が薄くいわゆる「ロリコン」男性の需要にさほど抑圧的でなかった事などが挙げられる。会田我路近藤昌良などの多作でメジャーな写真家もこの分野に参入した。

これらの大量増産は1980年代後半から問題視される結果となり、少女ヌードの存在は児童性愛的な男性の需要と密接に結び付けられ、わいせつ表現の面から、そして児童虐待や凶悪犯罪などの逸脱につながる可能性の面から、社会的な批判や介入をよび、いくつかの児童福祉法違反による検挙や猥褻図画としての規制圧力を余儀なくされるに至る。

一方でモデルとなった児童へのストーカー行為などから、出版社や写真家らはこうした事件の回避策として、海外により多くのモデルを求めるようになっていく。特に1990年代には力武靖をはじめとする写真家が多くの写真集において外国人モデルでありながら日本人のような名前を付けて発表していたことにはこうした背景が存在した。すなわち、モデルの実名は勿論のこと、その出身地や具体的なプロフィールを原則として一切公開せず、あくまでも日本人としてリリースし、モデル児童の人権を保護しようというものであったが、一般世論的には海外に安く性的な搾取を求めていると解釈され、より強い非難を浴びる結果へと繋がっていった。

'''大渕静樹(大舞地静樹)'''は刺激の強いものが多く、その足跡は1980年『白夜の少女ティナ』(徳間書店)から、1983年『妖精伝説 ヨーロッパの天使たち』、1984年『ロリコンTHEワールド 欧州撮り歩き』までの一連の作品に見ることができる。
次のエントリ[ 1990年代 ]
少女ヌード
【画像】そして、少女ヌード写真で知
少女ヌード
【画像】少女のヌードが写ったロック

1990年代

力武靖が約10年間撮影し続けたモデル西村理香が人気を得て写真集がベストセラーとなる。1994年高橋生建が竹書房は「新鮮組」増刊で「美少女紀行」を刊行し、地域毎に総集編MAXが出るなど好評を博した。これは大人びたモデルも多いが、現在では題名からネットオークションで規制にかかるという。1999年児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律が施行されたことにより、児童(18歳未満)の裸像を書籍、インターネットなどを通じて頒布する行為が禁止された。これにより、少女ヌード写真集の新規の出版は不可能となった。次のエントリ[ 2000年以降 ]

2000年以降

2005年春、国立国会図書館蔵書の「清岡純子写真集 Best Selection!」が児童ポルノと認定され、閲覧不可となる。それ以後も児童ポルノの疑いがある資料が選定されてゆき、2006年4月1日をもって、同図書館所蔵の少女ヌード写真を含んだ資料の数百点が児童ポルノとして閲覧不可となった。次のエントリ[ 石川洋司 ]

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

別のワードで検索!
まずは検索→

トレンドマガジン [マグゥ]で少女ヌードを検索
少女ヌード

少女ヌード
といえば…

少女ヌードの記事

興奮する美少女ヌードぽっちゃり熟女 工藤彩乃 小松崎和歌 妻のオール ...美少女ヌード抜きたいなら目下は欲求不服の淫乱妻で人よりおケツ毛が ...豊満四十路 Part3ぶっ飛び美少女ヌード 妻のオールヌード動画編金髪白人美少女ヌード ときめかす囚の起源 イチ押し27美少女ヌード・・・ The Bluemoon/ウェブリブログ

少女ヌードのニュース

学園祭:ミス横国大は失恋少女を演じた経営学部2年の福田萌さん - 毎日 ...中日新聞:岩倉母子死亡事故、てんかん発作不起訴へ :社会(CHUNICHI ...中日新聞:「友チョコ」持ち込みで部活動停止 :社会(CHUNICHI Web)少女買春の元警視74歳に罰金80万円 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売 ...TweetBuzz - asahi.com(朝日新聞社):岩手の少女、涙のトランペット ...

少女ヌードの掲示板

学園祭:ミス横国大は失恋少女を演じた経営学部2年の福田萌さん - 毎日 ...中日新聞:岩倉母子死亡事故、てんかん発作不起訴へ :社会(CHUNICHI ...中日新聞:「友チョコ」持ち込みで部活動停止 :社会(CHUNICHI Web)少女買春の元警視74歳に罰金80万円 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売 ...TweetBuzz - asahi.com(朝日新聞社):岩手の少女、涙のトランペット ...

少女ヌードの情報

学園祭:ミス横国大は失恋少女を演じた経営学部2年の福田萌さん - 毎日 ...中日新聞:岩倉母子死亡事故、てんかん発作不起訴へ :社会(CHUNICHI ...中日新聞:「友チョコ」持ち込みで部活動停止 :社会(CHUNICHI Web)少女買春の元警視74歳に罰金80万円 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売 ...TweetBuzz - asahi.com(朝日新聞社):岩手の少女、涙のトランペット ...
人気の話題TOP10

[2014/7/30 21:06更新]
セロ
1位 セロ
1時間前:1位(377pt)
1時間前:2位(364pt)
A380
3位 A380
1時間前:3位(309pt)
1時間前:4位(231pt)
1時間前:5位(230pt)
1時間前:6位(229pt)
7位 壁ギュ
1時間前:7位(227pt)
8位 魚味撰
1時間前:8位(226pt)
1時間前:9位(225pt)
1時間前:10位(223pt)
続きはこちら
>>
▼おすすめキーワード▼
▼人気の話題ランキング▼